昼キャバで働こう

お酒のボトルをキープ

朝や昼に営業しているキャバクラのことを昼キャバといいます。昼キャバは文字通り昼にお店を開けているので、どうしても夜働くことができない女性でも安心して働くことができます。

Read more


キャバクラのサービス

話をしながらお酒を飲む

キャバクラは性風俗店ではないため、お客様に性的サービスを提供するようなことはありません。キャバ嬢の服装は、ドレスが一般的です。群馬県の高崎には、多くのキャバクラ店が並んでいます。

Read more


夜と昼の違い

巻髪をセットする

一般的に、夜営業しているキャバクラは午後6~7時頃から午前1時までの営業となっています。ただ、昼キャバと呼ばれるお昼の時間帯に営業しているキャバクラは、午前5時頃から夕方まで営業しています。午前中にも営業しているため、朝キャバとも呼ばれています。昼キャバは夜に営業しているキャバクラよりも営業時間が長いのが特徴です。そのため、昼キャバに勤める女性は自分の都合の良い時間帯にシフトを入れることができます。時給制としているところも多いので、長時間勤務にすることが高収入を得ることができます。主婦やシングルマザーの方でも働くことができます。既婚者やこどもがいる女性をサポートするために設けられた福利厚生などもあるので、昼キャバに勤めようと考えている方は、自分の生活環境に合ったお店を探し、面接を受けるようにしましょう。

昼キャバの多くが未経験者を歓迎しています。求人誌や求人サイトの募集要項の中でもそう記載してあるお店が多いです。経験者であった場合、実績や以前勤めていた年数次第では待遇を良くしてもらえるケースもあります。給与を全額日払いで支払ってくれるお店も多いです。離れた地域から来た女性でも安心して働くことのできるような環境にしています。基本的にキャバクラはドレスを着て接客を行ないますが、ドレスを持っていない女性のために、お店側からドレスを貸すサービスを展開しているところもあります。昼キャバと夜キャバとでは給与面も若干異なってくるので、初めてキャバクラで働くという方は、ネットを利用して具体的な給与額を調べてみましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加